雨漏りはある程度自分でもチェックできる

屋上からの雨漏りというのは、突然天井に穴が空いて漏れるというわけではありません。必ず雨漏りしてしまう前兆があります。なお、雨漏りの予兆は個人でも確認することができます。そのチェックポイントについても記載しましたので、ぜひ参考にしてください。もし、このチェックポイントに当てはまった場合は、一度専門業者へ相談すると良いでしょう。

屋上から雨漏りしていないか確認する方法

  • 天井にシミができているかどうか
  • カビのニオイがないか
  • 屋上の塗装が剥がれていないか

屋上からの雨漏りを防ごう!業者に素早く防水工事を依頼

手

雨漏りすると木材や金属が傷んでくる

住宅を建設する際、木材や鉄筋コンクリートを使用します。屋上から雨漏りが始まると、木材や鉄筋コンクリートが被害に遭います。木材が被害に遭うと、木材に水分があるのが原因で腐ってしまい、最悪の場合建物自体が倒壊してしまうケースもあるのです。また、鉄筋コンクリートが被害に遭う場合は、鉄筋コンクリートが錆びてしまい、ひび割れが起きます。大きな被害が出る前に、対策をするべきです。

作業員

建物内の様々な箇所にも被害が

屋上からの雨漏りの進行が進むと、建物内に水が侵入します。そうなると、各部屋に設置している家電や家具にも水がかかり、損傷や故障になってしまいます。また、建物内には電気に関する設備がありますので、漏電してしまう可能性がゼロではありません。いち早く雨漏りを察知して専門業者へ依頼したほうがいいのです。

レディ

人体にも影響が出てくる

雨漏りが酷くなると、湿気が溜まりやすくなります。湿気が酷くなると注意しなくてはいけないのがカビです。カビを吸ってしまうと、アレルギーを発症してしまうリスクがあります。また、カビが発生すると、カビ独特のニオイが建物内に充満しますので、ストレスが溜まりがちになります。カビのニオイがしてきたら、専門業者へ連絡して、雨漏りしていないかチェックしてもらった方が良いでしょう。

家

害獣や害虫が繁殖しやすくなる

先述の通り、雨漏りが進行してしまうと、建物内に湿気が溜まります。このような環境になってしまうと、シロアリやダニ、およびネズミなどの害獣や害虫が発生するリスクが高くなります。もし、これらの生き物の侵入を許してしまうと、建物だけでなく人体への二次被害も発生してしまいますので、取り返しのつかないことになる前に、業者を頼りましょう。

屋上の防水を依頼

早めの行動が大事

屋上からの雨漏りを放置していても何も良いことはありません。デメリットでしかないので、専門業者へ防水工事をするよう依頼してください。快適な暮らしを続けるためにも、迅速な行動を心がけましょう。

[PR]
水回り修理ならプロにお任せ!
最良のサービスを提供してくれる

広告募集中